ゴルフをある程度理解し

プロのスイングばかりを動画投稿サイトで見ていた私は

自分のスイングを研究せず

プロのスイングの真似ばかりしていた時に

起きたことがありました

 

今回は

 

  • 右肩が下がる・左肩が上がる

 

を記事にしました~

スポンサーリンク

 

 

右肩が下がる・左肩が上がるとは??

 

ゴルフのスイングがある程度振れるようになって

 

「もっと飛ばしたい」

 

「あのプロのように綺麗なスイングがしたい」

 

と、動画投稿サイトばかり見ていた私は

同じスイングが出来ると勘違いし

真似ばかりしていた時期がありました

 

全く同じ体格の人なんて居ないし

人の真似をしたところで

同じ結果になるかと言ったらならないと思います

 

ですが、個々のスイングをしないといけないはずが

まるでコピーロボットのような、物まね歌合戦のような(笑)

 

その時に人の真似をした罰が当たったのでしょうか?

 

インパクトの時、右肩が下がり左肩が上がるという

ものごっついダフり&すくい打ち

止まらなくなりました

 

アイアンの種類を持ち替えてるのに

飛距離が全て同じ

飛んでいかずに上に上がるばかり

 

本来アイアンの番手(数字)が小さくなればなるほど

遠くにボールが飛んでいかないと行けないのに

飛距離は全て一緒

 

もう、お手本通りの「すくい打ち」

右の絵は少し極端ですが、クラブのフェース面(ボールを打つところ)が

右肩が落ちて地面に近づいたことにより寝て降りてきてしまいま

 

アイアンは上からボールを叩きに潰す!!イメージの

ダウンブローで打たないといけません

 

ダウンブローで打てると

スポンサーリンク

ボールの少し前の芝が吹っ飛んでいきます

 

よくプロのトーナメントを見ていると

アイアンを打つ時

ごっつい塊の「ザ!芝」が飛んでいくのが分かりますよね

 

それが、「右肩がさがる」というよりかは

右肘を伸ばすタイミングが遅いことにより

右肩が落ちて背骨の軸が右に傾き

 

右肩が下がる・左肩が上がる

 

というすくい打ちが発生しました

 

酷かったら、ダフる(大泣)

 

そこで!私自らお師匠さんに聞きに行きました

初ですよ!怖かったけど・・・

 

「女の人はなぁ、ダウンブローで打つのは難しいんや」

(いやいや、そこを打ちたいんですよ)

 

何て口が裂けても言えません(笑)

勿論、沈黙で乗り切りました

 

「じゃぁ、教えたるわ」

よかった~(-_-;)

 

お師匠さんに教えて貰った

 

すくい打ちを克服する方法を伝授致します~

 

  • 両足をそろえていつものアドレス(構えの状態)をして下さい
  • 左足1本で立ちます(左打ちの方は右脚)
  • それぞれの反対の足は体が倒れないように、そっと地面に付ける
  • あとは体の軸(背骨)がぶれないようにスイングをする

 

です

 

片足体重にすることにより

左右の体重移動が無くなるので

1本の体の軸がしっかり立ち

ボディターン(体の回転)で振ることが出来ます

 

普段ではあり得ない状態で振るので

体の回転がある程度制御されますが

下半身と共に回っているので

気にしなくても大丈夫です

 

下半身より上半身の練習なので

背骨が右に左に傾かないことに

意識を置いて下さいね~

 

私はこの方法で自分の罰として

暫く振り続けましたね~

やっぱり、背骨が右へ倒れてしまってたので

すくい打ちが勃発していました(泣)

 

ダウンブローでしっかり打ちたい!という方は

上記に書いた「お師匠さんの教え」に

取り組んで貰えたら嬉しいです

 

 

スポンサーリンク