「ダフるのが怖い」というイメージで

 

「トップになる」という悩み

 

初めの頃は結構出ていました

初心者の頃は特に多かったと思います

 

今回は

  • トップになるメカニズム

を記事にしました

スポンサーリンク

 

トップになるメカニズムとは?

 

ゴルフを始めて

「止まってるボールなんて簡単に打てるわ~」

と意気揚々でクラブを持って振ってみると

 

「スカッ!」

 

っと空振り(泣)

 

あの自信はどこに行ったの?と

見事に凹み

「ゴルフって難しい!」

手のひらをヒラヒラ返すように

自信をなくしました(笑)

 

初めの頃は止まっているボールを

打つのが難しく感じましたね

 

だって当たらないんだもん

ギッコンバッタンのスイングじゃね

 

そして次第に当たるようになってくるのですが

 

当たり出して多かったのが

 

「トップ」

 

ボールを横から見た時に

ボールの上部を

叩いてしまうことです

スポンサーリンク

 

リーディングエッジ(アイアンの底面)で

チョップしている感じで打ち

失敗したら

 

めっちゃ手がしびれる!

 

痛~ぁ!!!って何回叫んだことか!

 

本当はボールの底面を打たないといけないんですが

どうしてこんなことが起きるのか

 

それは上半身の前傾の角度が

ぶれて変わっているからです

 

飛ばしてやろう!と変に力が入って

柔らかく保たないといけない

上半身が

 

「もうこれ以上絞れません」

 

と言わんばかりの

タオルと同じ状態でした

 

なかなか上手く打つのは

上級者になっても

難しいかもしれませんね

 

先ずはフルスイングせずに

腰から腰の

ハーフスイングの練習を

極めた方が近道かもしれませんね

 

スポンサーリンク