以前に私は一番最初に動く場所は

「手」からでした

しかし、私のお師匠さんから

「何で手からやねん!」

って激キレされました(泣)

 

何故「手」から始動したらダメなの?

 

今回は

 

  • バックスイングの始動はどこ?

 

を記事にしました!

 

スポンサーリンク

バックスイングの始動はどこからするの?

 

さあボールを打ちますよ~と

意気込んでクラブを振り上げるわけですが

 

「手」から動き出す人と

「腰」から動き出す人で

 

体の動き方が変わるのって

知ってました?

 

「手打ち」「体打ち」

 

って聞いたことありますよね?

「手から動き出す」と

手打ちになりやすい事がわかりました

 

「手打ち」と言うのは

その字の通り、手でボールを打ちにいくことです

 

では、何故「手」で打ってはならないのか?

それは、

  • 飛距離が出ない
  • 球筋が安定しない
  • 体のパワーをいかせれない

のです

 

上半身の力より腰から下の力の方が強いのは分かりますよね

スポンサーリンク

手打ちだと腕の力だけで振ることになります

 

では、「腰」から動き出すとどうなるのか?

 

腰から動き出すと体がしっかりと捻転できます

背中が飛ばしたい方向に向くってことですね~

あと、体打ちが出来る

脇が開かない!

 

そう、この脇がくせ者なんですよ(泣)

両脇はどうなってますか?

 

 

「体打ち」と言うのは

体幹(お腹周りや肩周り、太もも周りの大きな筋肉のことを言います)を使って

クラブを振ることです

 

体打ちをすると

  • 飛距離が安定する
  • 球筋が安定する
  • 体全体のパワーをいかせれる

ということに!

 

そう、体の捻転こそが体幹を生かした「体打ち」へ導くのですよね

 

私はこれがなかなか出来ませんでした

どうしても手であげてしまい、ヒョイッと打つ「しょうも無いボール」が出るんです

しかし、今ではお陰様でドカーン!と打てるボールになりました(笑)

 

これは皆様にも体感していただきたいです

ご参考になれれば幸いです

 

ぜひチャレンジしてみて下さいね~

 

スポンサーリンク