以前にボールの頭を叩く「トップ」について

書きました↓

 

トップになる

 

この「トップ」をなくそうと自棄になり

今度は「ダフり」が出るようになりました(泣)

思いっきりの負のサイクルですね~

 

今回は

 

  • ダフりが起きる理由とは?

 

を記事にしました~

スポンサーリンク

 

ダフりが起きる理由とは?

 

まだ私がお師匠さんと出会う前のお話です

 

打ちっ放し場にも一人で行けるようになって

でも打たないと体は覚えてくれないので

なんとかかんとか頑張って打っていました

 

上記にも書いたとおりに

ホントに「トップ」が止まりませんでした

シャ!シャ!シャ!シャ!シャーーー!っと

芝を駆け巡る白いネズミ(ボール)が

たくさん居ました

 

まあ、その後に

 

スライス→フェード→フック→チーピン・・・

 

と負のサイクルは松山千春なみに

「はて~しない~・・・」

と続くのですが(笑)

 

あまりにも続くので

なんか自暴自棄になっていった感じで

 

「ボールに当ててやろう」

 

行ってはいけない方向に行ってしまったわけです

 

そしたらですね、「ダフり」が

出るようになってしまったんですね~

 

「ドォ~ン!」

 

爆発音???

地響き???

振動???

 

周りのゴルファーが

 

「何が起きてん!?」

 

一斉に振り返るじゃないですか!

もうそりゃ、めちゃ恥ずかしい~

 

それだけゴツい音がしたから

ボールは遙か彼方かと思いきや

マットからも外出してない!!

風圧で10センチほど

動いただけ・・・

 

それからというもの

「ダフり」という

スポンサーリンク

悪い癖が体に染みつきましたね(泣)

その「ボールに当ててやろう」という

変な考えのお陰でいけない癖が付きました

 

ではその「ダフり」

どうしたら起こるのでしょうか?

 

ダフりが起こるメカニズムとは?

 

打ちっ放し場では少々ダフっても

人工芝のマットのお陰で

クラブは滑って打てますが

ゴルフ場だと地面に思いっきりクラブが刺さります

これをザックリと言うのですが

 

ダウンスイング時に

前傾角度が沈み込むこと

背骨の軸が右に傾く(右肩が下がる)という

原因で起きているのです

 

右肩が下がる・左肩が上がるも参考にして下さいね

 

やっぱり、

 

「トップ」が嫌だから「ダフる」

 

「ダフる」のが嫌だから「トップ」する

 

という

負のサイクルを味わった方

多いのではないのでしょうか~

 

「飛ばしてやろう!」とか「きちんと打たなければ」などの

自分に対するストレス緊張(私はこれ!)のお陰で

いつものスイングが出来ないことが

圧倒的に多いような気がします

 

プロの選手ですら

良いスコアーが出なかったり

最終日に近づくにつれてスコアーを落としたりしたら

メンタル面が崩れたり

力みやすくなったりするみたいです

 

自分自身がどこまで求めるかにもよりますが

できる限りは

笑顔でプレーしたいですよね

 

「何故、今こんなことになっているのか?」と

 

原因をさぐる事にこそ

解決の近道はそこにあるのではないのでしょうか

 

スポンサーリンク