お師匠さんに激キレされてから気付いたことがありました

その時初めて

「って言うか、どうやってクラブを持ったらいいねん??」

はっきり言って、全く知りませんでした(笑)

 

ということで今回は

  • 持ち方ひとつで弾道変わる?!

を記事にしました~

スポンサーリンク

大事なグリップ「持ち方ひとつで弾道かわる?!」

 

私がお師匠さんが経営する打ちっ放し場に初めて行った時のこと

まあ初めてなので、ドキドキで

でも頑張って振っていましたよ

 

とにかく動画投稿サイトで見たスイングを

見よう見まねで頑張っていたんです

 

そしたら遠目に見ていた私のお師匠さんがとことこと来て

 

「何じゃ~!!!そのグリップは!!!」

 

本気の激キレされましたよ!

打ちっ放し場に響き渡ったよ、その声!

いや、マジで怖かった

 

その時は初めて行った打ちっ放し場で

別に研究生でもないし

普通のお客さんでしたよ

 

まさに

「誰やねん!この人!!」

でしたね(笑)

 

打ちっ放し場の支配人さんであり

プロゴルファーの私のお師匠さんです

かなりの強面だけど・・・・・

 

始めたばかりの私のグリップです(笑)→

右手がお空を向いていますよね~

そりゃ激キレされますよ

スポンサーリンク

 

左手はストロンググリップ(親指と人差し指のVの字が右肩を指す)

右手は・・・論外です(汗)

 

当時は急カーブか!って言うくらい

シュイーーン!!!!と曲がるスライスに悩んでいたので

左手はフェースが返りやすいストロンググリップにしていました

 

まあ、体の軸が出来てない頃でしたので

手を変えたところで

あまり意味なかったんですが・・・

 

で、この「ストロンググリップ」

スライスで悩む方は有効なグリップですね

 

 

ダウンスイングの時に腕は

回転しながら降りてきますので

しっかりとフェースターンが出来

ストレートもしくはフェード系のボールが打ち出せます

 

が!

 

そのフェースターンのタイミングが合わなかったら

フックもしくはチーピンが出ます(泣)

 

反対に「ウィークグリップ」

(Vの字が顔を指す)

 

打球の中でプッシュが一番よく飛ぶのですが(OBの確率高し!)

その次によく飛ぶドロー系の球筋が出ますね~

 

フックやチーピンなどは出にくいのですが

フェースターンがあまり入らず

フェードもしくはスライスが出やすくなりますね

 

この二つのメリット・デメリットを

たして2で÷ようなグリップが

 

「スクエアグリップ」です

 

読んで字のごとく

ボールに対してフェース面が垂直に綺麗に入ってくれる(スクエアに入る)

 

真っ直ぐを目指すなら

このグリップでよろしいかと

 

ただ、真っ直ぐ打てる分には問題無いのですが

ゴルフというのは真っ直ぐ打つだけではいけません

 

「状況に応じて球筋を変えろ」

 

と、よくお師匠さんに言われましたが・・・

 

そんなん始めたばかりの私に

 

「そこまで求めんとって~(泣)」

 

と言うのが当時の心の中の私でした~

怖くて声に出せないよ・・・

 

スポンサーリンク