ボールを次の一打にかっこよく繋げようと

しっかり目標の決めて

アドレスも一通りやり

いざ!打つぞ!

 

ん?

「ちょっと待った~!」

その方向目標と全然違うよってありませんか?

 

今回は

 

  • 目標に向かって綺麗に立つ方法

 

を記事にしました

スポンサーリンク

目標の方向に綺麗に立つ方法とは??

 

アドレスもスイングも綺麗なのに

ボールの飛んでいく方向が思っていたよりも

 

「左だ・・・」「右だ・・・」

 

って方いませんか?

 

私も

「どこに打つつもりなの?」

「それめっちゃ左向いてるよ(本人は右に向いてるつもり)」

または、逆のことをよく言われました

 

いったいどうやって目標の方向に向いたら良いのか

散々悩みましたね~

 

クラブのフェースを飛んでいって欲しい方向に合わせてから

アドレスを取ってみたり、

何回も何回もボールを見ちゃ目標を見たり・・・

 

「早く打てよ!」

 

と突っ込まれそうです(笑)

 

では、どのようにして目標方向に向くのか?

 

目標方向の設定方法

スポンサーリンク

1,ボールと目標を一本の線に繋ぎ

 

 

2,繋いだ一本の線上のボールの10センチ前に点を付ける

(ホントに書いちゃダメよ~)

 

 

3,その点とボールを線で繋ぎ、その線と平行に立つ

 

 

以上!

 

これで目標方向に立てられるはずです

その「点」を、「スパット」と言うんですけど

逆を言えば、スパットとボールを繋ぐ線目標と繋ぐ線になるんですね

 

私は一回アドレスを取ると

目標方向を見ません

見てしまうと迷いが生じるからです

「これであってる?」と

また悩んでしまうんです

 

あとはコチラでも紹介してる

 

アドレスって何??

 

をしっかりしてもらったら

バッチリです

 

ご参考になれれば嬉しいです

チャレンジしてみて下さいね~

 

 

スポンサーリンク